【面会交流の調停が成立する前でも子との面会はできるでしょうか?】

【面会交流の調停が成立する前でも子との面会はできるでしょうか?】

離婚相談に強い奈良の弁護士ならナラハ奈良法律事務所 TOP > よくあるご相談例 > 離婚の原因 その他 > 【面会交流の調停が成立する前でも子との面会はできるでしょうか?】

  • 2020年06月11日

【面会交流の調停が成立する前でも子との面会はできるでしょうか?】

ご質問

 私は,40代の会社員ですが,30代の妻と小学生6年生と4年生の子ども2人の4人家族で生活をしていました。妻は,医療関係でフルタイムで仕事をしています。
 妻は,もともと勤務時間が不規則であり,帰宅時間もまちまちだったのですが,さらに,帰宅時間が遅くなってきました。ある日,夜に帰宅すると,妻はまだ帰っておらず,下の子が高熱を出していました。私は,慌てて,子どもを救急病院に連れて行きました。その間,妻に電話をかけて連絡を取ろうとしたのですが,妻は,いっこうに電話に出ようとしませんでした。翌日になって,Gさんは,ようやく妻と連絡がとれましたが,昨晩の行動についての妻の回答が二転三転しました。妻の不自然な対応に強い不信感を抱くようになりました。
 それ以降,私は,妻の異性関係を疑い,妻に対して,事細かに外での行動を確認するようになりました。
 私の詮索を妻が嫌い,夫婦間でのケンカが絶え間ないようになってしまいました。
 そして,ついに,妻は,自宅に置き手紙だけを残し,子ども2人を連れて自宅から出て行ってしまいました。
 妻が自宅から出て行って以降,妻と子どもたちがどこに住んでいるのかもわかず,子どもたちの安否を確認することもできなくなりました。
 そうしたところ,妻が婚姻費用の分担請求と離婚を求める調停申立書が家庭裁判所から送達されました。
 妻との関係を修復することは無理だと思うので,妻と離婚してもいいが,同居中から,妻にはネグレクトの傾向があったので,子どもたちが心配でならない。子どもたちに会って,無事でいるかどうかを確認したいと思っています。
 私は,子どもたちと会って無事を確認しようと考え,家庭裁判所に対し,子どもたちとの面会交流を求める調停を申し立てることとしました。調停が成立するまでには,時間がかかると聞いていますが,それまでは待ちきれません。子ども達と早急に会う手立てはないでしょうか?

回答

 法律上は,現在の子の監護状況に問題があり,同居していない親が監護する方が子らの安全を確保できると考えられる場合には,子の監護者指定・子の引渡しを求める審判を家庭裁判所に申し立てることができます。 
 しかしながら,子の現在の監護状況に明白な問題があるような特別な事情がないときには,家庭裁判所が,子の引渡しを命ずる審判をすることは,かなり少ないのが現状です。
 子の監護者指定・子の引渡しを求める審判での解決を期待することは,実際には困難です。
 また,面会交流の調停が始まった後も,妻側に,子どもたちと夫との面会交流に任意に応じてもらえなければ,面会交流の調停が成立するまでは,面会交流を強制する手段はありません。
 しかしながら,ここで諦めると,子ども達との面会交流の実現は望めません。
 夫側が,子の生活費でもある婚姻費用を支払い,子どもたちに対する愛情を調停の場で訴えるなど粘り強い姿勢を示すことは,調停委員の心情に訴える,事実上の効果があります。
 父親との面会交流が子らにとって望ましいと考えられる場合,調停委員が妻に対し,子らとの面会交流を勧めることは少なくありません。妻も,調停委員からの説得を受けて,調停成立前に,面会交流に応じるケースはよく見受けられます。
 それでも,妻が面会交流を拒否する場合には,家庭裁判所調査官の支援をいただき,家庭裁判所での試行的面会をお願いするなどの方法も考えられます。
 いずれにせよ,調停では,誠実な態度で粘り強く働きかけることが重要なように思われます。

The following two tabs change content below.
弁護士法人ナラハ奈良法律事務所

弁護士法人ナラハ奈良法律事務所

当法律事務所では、皆様が安心してご相談できるよう、弁護士がじっくり、丁寧にお話をお聞きします。 離婚の意思がはっきりしない方のご相談も多いのですが、このような場合にも、離婚する際のメリット・デメリットをアドバイスさせていただきながら、ご相談をお聞きしております。ご自分で予想している離婚と、実際が異なることも多々ありますので、早めのご相談をお勧めします。
弁護士法人ナラハ奈良法律事務所

最新記事 by 弁護士法人ナラハ奈良法律事務所 (全て見る)



ご利用方法

相談のご予約

まずは、お電話で法律相談のご予約をお取り下さい。

ご相談予約電話番号 
0742-81-3323

相談に関するご希望等(相談時間、担当弁護士等)がございましたら、ご予約の際にお伝え下さい。

なお、弁護士が相手方から既に相談を受けている場合や、その他相談に応じることに支障がある場合には、相談をお断りする場合があります。

弁護士による法律相談

予約された日時に、当事務所へお越し下さい(電話やメールによる相談は行っておりません)。

弁護士が相談に応じます。

弁護士には守秘義務がありますので、秘密は固く守ります。

相談の結果、弁護士に依頼されるかどうかは、相談者の皆様の自由です。当事務所から、相談者の皆様の意に沿わない勧誘を行うことはありません。

離婚相談シート ダウンロード (PDF file)

ご依頼

相談の結果、弁護士に依頼されることを希望される場合には、その旨ご連絡下さい。受任させていただく場合には、ご要望に応じ、見積書を作成いたします。その後、内容をご検討の上、ご依頼されるかどうかお決め下さい。

ご利用方法の詳細はこちらから
ご予約・お問い合わせはこちらへ
ご予約・お問い合わせはこちらへ
相談予約受付中 0742-81-3323
メールによるお問い合わせ

アクセスマップ

住所

〒631-0822 奈良市西大寺栄町3-27 泉谷ビル1階
TEL 0742-81-3323 
FAX 0742-81-3324

電車

近鉄「大和西大寺駅」の中央改札口を出て、左方向(「サンワシティ西大寺」、「ならファミリー」のある方向)へ地上まで降ります。
「サンワシティ西大寺」の前の道を東に直進し、一つ目の信号のある「西大寺橋西詰」交差点を右折します。
そのまま川沿いに100メートルほど直進すると、右手に「泉谷ビル」があります。
その1階にナラハ奈良法律事務所があります。

自動車

  1. 〔近鉄奈良駅、JR奈良駅方面からお越しの場合〕
    近鉄「大和西大寺駅」、「ならファミリー」を目指して、県道104号線を西に進みます。
    信号のある「西大寺橋西詰」交差点を左折し、そのまま川沿いに100メートルほど直進した先の右手に「泉谷ビル」があります。
  2. 〔大阪方面からお越しの場合〕
    阪奈道路を東へ直進します。
    信号のある「尼ヶ辻橋西詰」交差点を左折し、そのまま川沿いに1キロメートルほど進み、高架をくぐったすぐ先の左手に「泉谷ビル」があります。
  3. 〔精華町、木津川市、京田辺市方面からお越しの場合〕
    近鉄「大和西大寺駅」、「ならファミリー」を目指して、県道52号線を南に進みます。
    信号のある「西大寺橋東詰」交差点を右折し、すぐに、信号のある「西大寺橋西詰」交差点を左折し、そのまま川沿いに100メートルほど直進した先の右手に「泉谷ビル」があります。
【駐車場(1台)ご利用方法】
要予約   0742-81-3323
1.あらかじめ、ご来所される日時において、駐車場のご利用の可否を、弊事務所までお問い合わせください。
既に他の方がご利用の際は、近隣のコインパーキング等をご利用くださいますよう、お願いいたします。
2.事務所の入っておりますビルの正面入り口前までお越しになられましたら、電話でご到着の旨、ご連絡ください。
正面入り口前
3.事務所の者が、駐車場のチェーンを下げるよう、リモコン操作をいたします。
正面入り口前
4.駐車場番号『4番』(左奥から2番目)にお停めください。
左奥から2番目です4番

※その他のスペースには駐車されませんよう、くれぐれもよろしくお願い申し上げます。


Copyright(c) NARAHA legal profession corporation. All Rights Reserved.
0742-81-3323メールLINE