モラハラをやめさせたい

モラハラをやめさせたい

1 モラルハラスメントとは

夫または妻のモラルハラスメントをやめさせるには、どうしたら良いでしょうか。

モラルハラスメントは、ドメスティックバイオレンス(DV)のうちの精神的暴力に区別できます。ドメスティックバイオレンス(DV)とは、配偶者や恋人など、親密な関係にある人から振るわれる暴力のことをいい、この暴力には、身体的暴力のほか、精神的暴力、性的暴力、経済的支配、社会的隔離などが含まれます。モラルハラスメントは、殴る・蹴るといった暴力ではないので、夫または妻からモラハラを受けているかどうかは、自覚しにくいです。

2 モラハラに気付くことが大切

近年は、ドメスティックバイオレンスだけでなく、モラルハラスメントに対する認知が広まり、言葉自体もよく使われるようになってきたように思います。もっとも、モラルハラスメントの認知が広まってきたということと、ご自身がモラルハラスメントを受けていると気付くことは、別のことです。あなたが、夫または妻からされていること、例えば、何を言っても長時間無視する、「俺又は私を怒らせるお前が悪い」「誰のおかげで生活できるんだ」などと言う、生活費を渡さない、いつも上から目線でものを言う、家族や友人との関係を制限する、殴るふりをするといったことなどで、あなたが精神的に辛い思いをしているのであれば、それは立派なモラルハラスメントです。夫または妻に優しいときがあっても、だからといってモラルハラスメントが否定される、ということはありません。あなたが、夫または妻からされていることがモラルハラスメントだと気付くこと、まずは、これが大切です。

3 モラハラをやめさせることができるか?

モラルハラスメントを受けているということに気付いたとき、まだ、あなたが、夫または妻とやり直す気持ちがあれば、相手のモラハラをやめさせたいと思うでしょう。それでは、モラハラをやめさせることは、できるのでしょうか。

実は、モラルハラスメントをやめさせることは、とても難しいです。というのは、モラルハラスメントの本質は、モラハラ加害者が被害者を支配することを目的として行われる暴力だからです。加害者と被害者との関係は、夫婦という親密で閉ざされた関係の中にあり、その中で支配従属関係が存在しているのです。多く見られるのは経済的な依存ですが、継続的なモラルハラスメントはやがて被害者を精神的に隷属させていきます。モラルハラスメントをやめさせたい、あなたがそう思っても、あなたと配偶者の関係性は既に対等ではありません。被害者が加害者にモラルハラスメントをやめさせる、これほど難しいことはないのです。

モラハラ加害者が、被害者である夫または妻を支配コントロールするために精神的暴力を振るっていることを自覚しなければ、モラルハラスメントをやめさせることはできないでしょう。モラハラ加害者である夫または妻が、自ら、例えばDV加害者加害者の更生プログラムなどに積極的に参加するといったことがあれば、モラルハラスメントをやめさせることはできるかもしれません。

4 モラハラをやめさせたいと思っている方へ

もっとも、このような自覚をさせることは、あなた一人の力では難しいでしょう。DV加害者は、俺もお前も悪い、一緒にやり直そう、などと言ってくるかもしれません。でも、間違っています。あなたは何も悪くありません。加えて、一度、モラルハラスメントを受けていることを自覚したあなたにとって、モラハラ加害者は、もはや恐怖の対象でしかありません。あなたの人生を、暴力によって支配しコントロールしようとする人と、あなたは今後の人生を共に過ごすことができますか?

モラハラを受けているかどうか分からない、モラハラを受けていると思うが自分も悪いかもしれない、相手のモラハラをやめさせたいなど、モラルハラスメントでお悩みの方は、一人で悩まず、弁護士にご相談されることをお勧めします。モラハラ被害は、我慢していても改善しないどころか、悪化していきます。当法律事務所では、初回60分無料でご相談をお聞きしています。女性弁護士が親身にお話を伺いますので、安心してご相談ください(男性弁護士をお選びいただくこともできます。)。

ご利用方法

相談のご予約

まずは、お電話で法律相談のご予約をお取り下さい。

ご相談予約電話番号 
0742-81-3323

相談に関するご希望等(相談時間、担当弁護士等)がございましたら、ご予約の際にお伝え下さい。

なお、弁護士が相手方から既に相談を受けている場合や、その他相談に応じることに支障がある場合には、相談をお断りする場合があります。

弁護士による法律相談

予約された日時に、当事務所へお越し下さい(電話やメールによる相談は行っておりません)。

弁護士が相談に応じます。

弁護士には守秘義務がありますので、秘密は固く守ります。

相談の結果、弁護士に依頼されるかどうかは、相談者の皆様の自由です。当事務所から、相談者の皆様の意に沿わない勧誘を行うことはありません。

離婚相談シート ダウンロード (PDF file)

ご依頼

相談の結果、弁護士に依頼されることを希望される場合には、その旨ご連絡下さい。受任させていただく場合には、ご要望に応じ、見積書を作成いたします。その後、内容をご検討の上、ご依頼されるかどうかお決め下さい。

ご利用方法の詳細はこちらから
ご予約・お問い合わせはこちらへ
ご予約・お問い合わせはこちらへ
相談予約受付中 0742-81-3323
メールによるお問い合わせ

アクセスマップ

住所

〒631-0822 奈良市西大寺栄町3-27 泉谷ビル1階
TEL 0742-81-3323 
FAX 0742-81-3324

電車

近鉄「大和西大寺駅」の中央改札口を出て、左方向(「サンワシティ西大寺」、「ならファミリー」のある方向)へ地上まで降ります。
「サンワシティ西大寺」の前の道を東に直進し、一つ目の信号のある「西大寺橋西詰」交差点を右折します。
そのまま川沿いに100メートルほど直進すると、右手に「泉谷ビル」があります。
その1階にナラハ奈良法律事務所があります。

自動車

  1. 〔近鉄奈良駅、JR奈良駅方面からお越しの場合〕
    近鉄「大和西大寺駅」、「ならファミリー」を目指して、県道104号線を西に進みます。
    信号のある「西大寺橋西詰」交差点を左折し、そのまま川沿いに100メートルほど直進した先の右手に「泉谷ビル」があります。
  2. 〔大阪方面からお越しの場合〕
    阪奈道路を東へ直進します。
    信号のある「尼ヶ辻橋西詰」交差点を左折し、そのまま川沿いに1キロメートルほど進み、高架をくぐったすぐ先の左手に「泉谷ビル」があります。
  3. 〔精華町、木津川市、京田辺市方面からお越しの場合〕
    近鉄「大和西大寺駅」、「ならファミリー」を目指して、県道52号線を南に進みます。
    信号のある「西大寺橋東詰」交差点を右折し、すぐに、信号のある「西大寺橋西詰」交差点を左折し、そのまま川沿いに100メートルほど直進した先の右手に「泉谷ビル」があります。
【駐車場(1台)ご利用方法】
要予約   0742-81-3323
1.あらかじめ、ご来所される日時において、駐車場のご利用の可否を、弊事務所までお問い合わせください。
既に他の方がご利用の際は、近隣のコインパーキング等をご利用くださいますよう、お願いいたします。
2.事務所の入っておりますビルの正面入り口前までお越しになられましたら、電話でご到着の旨、ご連絡ください。
正面入り口前
3.事務所の者が、駐車場のチェーンを下げるよう、リモコン操作をいたします。
正面入り口前
4.駐車場番号『4番』(左奥から2番目)にお停めください。
左奥から2番目です4番

※その他のスペースには駐車されませんよう、くれぐれもよろしくお願い申し上げます。


Copyright(c) NARAHA legal profession corporation. All Rights Reserved.
0742-81-3323メールLINE