【 将来の婚姻費用・養育費の額を,段階的に減額させることはできますか?】

【 将来の婚姻費用・養育費の額を,段階的に減額させることはできますか?】

離婚相談に強い奈良の弁護士ならナラハ奈良法律事務所 TOP > よくあるご相談例 > 性別 男性 > 【 将来の婚姻費用・養育費の額を,段階的に減額させることはできますか?】

  • 2019年11月28日

【 将来の婚姻費用・養育費の額を,段階的に減額させることはできますか?】

ご質問

 私は,家業を手伝う50代の会社役員ですが,40代の妻と22歳(女),20歳(女),15歳(女)の子どもと5人で暮らしていました。私は,実家の仕事を手伝っています。私の父が病気で倒れたため,私は父を看病する母を支えたいと思い,また,仕事も実家の跡取りであったことから,実家で寝泊まりするようになりました。私は,妻にも実家の手伝いをしてほしいと思っていましたが,妻は私の両親とは仲が悪く,疎遠にしていました。こうして,私は,自分の生活基盤を一人,実家に移すことになったのですが,そうすると,実家での生活費や両親のための費用が思った以上にかかり,妻へ支払う生活費が減っていきました。妻から,生活費を減らさないでほしい,と言われましたが,支払う余力もなく,放っておいたところ,婚姻費用分担調停が起こされました。これも放置していたところ,審判が出され,今後,別居の解消又は離婚が成立するまで,一定額を支払うという内容でした。内容を確認すると,長女は20歳を超えていますが大学生であるということで養育費の支払の対象となっていました。
 私は,妻との別居が長引き,毎月の婚姻費用の支払も続いていましたが,やがて,長女が大学を卒業して働くことになりました。ところが,審判書では,長女が就職したら婚姻費用分担額が減るということは何も書かれていません。別居している妻に話し合いを求めたところ,三女もお金がかかるようになってきたから減額しないと言われたのです。
 婚姻費用分担の減額をしてほしい,また,やがて次女も大学を卒業し就職する見込みなので,そのときに,再再度,妻と減額交渉しなければならないのは憂鬱です。この時点で,将来の娘らの独立も見込んで,事前に段階的には婚姻費用や養育費の額を取り決めることはできないのでしょうか?

回答

 いったん婚姻費用分担額に関する審判が確定しているため,婚姻費用額を変更するためには,再度、減額を求める調停を申し立てる必要があります。
 しかし,近い将来,長女が大学を卒業する予定であること,そのうち次女や三女も大学卒業予定であること,その度に減額調停を申し立てなければならないのは当事者にとって負担です。調停では,これらの近い将来の見込みも含めて,長女が卒業する年の3月まではいくら,次女が卒業する年の3月まではいくら,三女が卒業する年の3月まではいくらと,子どもらが大学を卒業するタイミングに合わせて婚姻費用を具体的に減額していく内容の合意をすることはできます。

The following two tabs change content below.
弁護士法人ナラハ奈良法律事務所

弁護士法人ナラハ奈良法律事務所

当法律事務所では、皆様が安心してご相談できるよう、弁護士がじっくり、丁寧にお話をお聞きします。 離婚の意思がはっきりしない方のご相談も多いのですが、このような場合にも、離婚する際のメリット・デメリットをアドバイスさせていただきながら、ご相談をお聞きしております。ご自分で予想している離婚と、実際が異なることも多々ありますので、早めのご相談をお勧めします。
弁護士法人ナラハ奈良法律事務所

最新記事 by 弁護士法人ナラハ奈良法律事務所 (全て見る)



ご利用方法

相談のご予約

まずは、お電話で法律相談のご予約をお取り下さい。

ご相談予約電話番号 
0742-81-3323

相談に関するご希望等(相談時間、担当弁護士等)がございましたら、ご予約の際にお伝え下さい。

なお、弁護士が相手方から既に相談を受けている場合や、その他相談に応じることに支障がある場合には、相談をお断りする場合があります。

弁護士による法律相談

予約された日時に、当事務所へお越し下さい(電話やメールによる相談は行っておりません)。

弁護士が相談に応じます。

弁護士には守秘義務がありますので、秘密は固く守ります。

相談の結果、弁護士に依頼されるかどうかは、相談者の皆様の自由です。当事務所から、相談者の皆様の意に沿わない勧誘を行うことはありません。

離婚相談シート ダウンロード (PDF file)

ご依頼

相談の結果、弁護士に依頼されることを希望される場合には、その旨ご連絡下さい。受任させていただく場合には、ご要望に応じ、見積書を作成いたします。その後、内容をご検討の上、ご依頼されるかどうかお決め下さい。

ご利用方法の詳細はこちらから
ご予約・お問い合わせはこちらへ
ご予約・お問い合わせはこちらへ
相談予約受付中 0742-81-3323
メールによるお問い合わせ

アクセスマップ

住所

〒631-0822 奈良市西大寺栄町3-27 泉谷ビル1階
TEL 0742-81-3323 
FAX 0742-81-3324

電車

近鉄「大和西大寺駅」の中央改札口を出て、左方向(「サンワシティ西大寺」、「ならファミリー」のある方向)へ地上まで降ります。
「サンワシティ西大寺」の前の道を東に直進し、一つ目の信号のある「西大寺橋西詰」交差点を右折します。
そのまま川沿いに100メートルほど直進すると、右手に「泉谷ビル」があります。
その1階にナラハ奈良法律事務所があります。

自動車

  1. 〔近鉄奈良駅、JR奈良駅方面からお越しの場合〕
    近鉄「大和西大寺駅」、「ならファミリー」を目指して、県道104号線を西に進みます。
    信号のある「西大寺橋西詰」交差点を左折し、そのまま川沿いに100メートルほど直進した先の右手に「泉谷ビル」があります。
  2. 〔大阪方面からお越しの場合〕
    阪奈道路を東へ直進します。
    信号のある「尼ヶ辻橋西詰」交差点を左折し、そのまま川沿いに1キロメートルほど進み、高架をくぐったすぐ先の左手に「泉谷ビル」があります。
  3. 〔精華町、木津川市、京田辺市方面からお越しの場合〕
    近鉄「大和西大寺駅」、「ならファミリー」を目指して、県道52号線を南に進みます。
    信号のある「西大寺橋東詰」交差点を右折し、すぐに、信号のある「西大寺橋西詰」交差点を左折し、そのまま川沿いに100メートルほど直進した先の右手に「泉谷ビル」があります。
【駐車場(1台)ご利用方法】
要予約   0742-81-3323
1.あらかじめ、ご来所される日時において、駐車場のご利用の可否を、弊事務所までお問い合わせください。
既に他の方がご利用の際は、近隣のコインパーキング等をご利用くださいますよう、お願いいたします。
2.事務所の入っておりますビルの正面入り口前までお越しになられましたら、電話でご到着の旨、ご連絡ください。
正面入り口前
3.事務所の者が、駐車場のチェーンを下げるよう、リモコン操作をいたします。
正面入り口前
4.駐車場番号『4番』(左奥から2番目)にお停めください。
左奥から2番目です4番

※その他のスペースには駐車されませんよう、くれぐれもよろしくお願い申し上げます。


Copyright(c) NARAHA legal profession corporation. All Rights Reserved.
0742-81-3323メールLINE