【暴言のひどい夫の下から,子どもと二人で逃げて別居を開始したのですが,弁護士に依頼したら何をしてもらえますか?】 

【暴言のひどい夫の下から,子どもと二人で逃げて別居を開始したのですが,弁護士に依頼したら何をしてもらえますか?】 

離婚相談に強い奈良の弁護士ならナラハ奈良法律事務所 TOP > よくあるご相談例 > 離婚の原因 暴言・モラハラ・精神的虐待 > 【暴言のひどい夫の下から,子どもと二人で逃げて別居を開始したのですが,弁護士に依頼したら何をしてもらえますか?】 

  • 2021年02月8日

【暴言のひどい夫の下から,子どもと二人で逃げて別居を開始したのですが,弁護士に依頼したら何をしてもらえますか?】 

ご相談例

 私は夫との間に子どもが一人います。私は専業主婦で,夫は,夫の親の経営する会社で仕事をしています。
 夫は,婚姻前は,いわゆる尽くすタイプで,とても優しかったのですが,婚姻後,私に対してきつく当たるようになりました。私には,その理由はまったく理解できないのですが,そういえば,義母も夫から,きつく当たられ,時には暴力を振るわれるのを目にしたことがあったことを思い出しました。
 夫は,まるで私を家政婦か何かのように扱うようになり,「俺の言うことをきけ。」などと言って,常日頃から私の言動を制限するようになりました。また,ちょっとしたことで夫に意見すると,急に激昂して,私を平手打ちしたりしました。私は,夫が怖くて,できるだけ夫には何も言わないようになっていきました。
 長男を出産後,長男の世話で眠る暇もありませんでした。夫は,機嫌の良いときは,長男を可愛がってくれます。他方,オムツを替えたりしてくれないことはもちろん,例えば,長男が夜泣きをすると,「うるさい,黙らせろ!」などと私に罵声を浴びせるようになりました。
 ある日,あたしは,夫と長男と遊びに行った際,長男がぐずりだし,夫が急に不機嫌になって,長男に向かって怒鳴り,叩こうとしてきました。私は,もう我慢の限界と思い,その場から,長男と一緒に逃げ出し,別居を開始しました。
 私は,夫と離婚したいと思っていますが,一人では怖くて夫と離婚の話し合いができません。この後,離婚するまでの手続きを弁護士に依頼したいと思っていますが,どのようなことをしてもらえますか?

回答

 まずは,弁護士から,夫宛てに内容証明郵便を送付し,弁護士が受任したので,直接本人には連絡しないよう,伝えます。弁護士は,夫と離婚の交渉をしますが,夫がすぐには応じないような場合や,あなた自身が夫から生活費をもらえていない場合には,速やかに家庭裁判所に離婚調停と婚姻費用分担調停を申し立てることを検討します。
 調停では,まずは,婚姻費用の支払を約束してもらうと良いでしょう。また,離婚については,夫は,当初,拒絶するかもしれませんが,調停での話合いで,粘り強く離婚を求めましょう。離婚条件については,親権,養育費,財産分与,慰謝料,年金分割について,弁護士とよくご相談の上,夫に求めていきましょう。
 調停で離婚できない場合には,訴訟を提起して離婚を求めることになります。
 

The following two tabs change content below.
弁護士法人ナラハ奈良法律事務所

弁護士法人ナラハ奈良法律事務所

当法律事務所では、皆様が安心してご相談できるよう、弁護士がじっくり、丁寧にお話をお聞きします。 離婚の意思がはっきりしない方のご相談も多いのですが、このような場合にも、離婚する際のメリット・デメリットをアドバイスさせていただきながら、ご相談をお聞きしております。ご自分で予想している離婚と、実際が異なることも多々ありますので、早めのご相談をお勧めします。
弁護士法人ナラハ奈良法律事務所

最新記事 by 弁護士法人ナラハ奈良法律事務所 (全て見る)



ご利用方法

相談のご予約

まずは、お電話で法律相談のご予約をお取り下さい。

ご相談予約電話番号 
0742-81-3323

相談に関するご希望等(相談時間、担当弁護士等)がございましたら、ご予約の際にお伝え下さい。

なお、弁護士が相手方から既に相談を受けている場合や、その他相談に応じることに支障がある場合には、相談をお断りする場合があります。

弁護士による法律相談

予約された日時に、当事務所へお越し下さい(電話やメールによる相談は行っておりません)。

弁護士が相談に応じます。

弁護士には守秘義務がありますので、秘密は固く守ります。

相談の結果、弁護士に依頼されるかどうかは、相談者の皆様の自由です。当事務所から、相談者の皆様の意に沿わない勧誘を行うことはありません。

離婚相談シート ダウンロード (PDF file)

ご依頼

相談の結果、弁護士に依頼されることを希望される場合には、その旨ご連絡下さい。受任させていただく場合には、ご要望に応じ、見積書を作成いたします。その後、内容をご検討の上、ご依頼されるかどうかお決め下さい。

ご利用方法の詳細はこちらから
ご予約・お問い合わせはこちらへ
ご予約・お問い合わせはこちらへ
相談予約受付中 0742-81-3323
メールによるお問い合わせ

アクセスマップ

住所

〒631-0822 奈良市西大寺栄町3-27 泉谷ビル1階
TEL 0742-81-3323 
FAX 0742-81-3324

電車

近鉄「大和西大寺駅」の中央改札口を出て、左方向(「サンワシティ西大寺」、「ならファミリー」のある方向)へ地上まで降ります。
「サンワシティ西大寺」の前の道を東に直進し、一つ目の信号のある「西大寺橋西詰」交差点を右折します。
そのまま川沿いに100メートルほど直進すると、右手に「泉谷ビル」があります。
その1階にナラハ奈良法律事務所があります。

自動車

  1. 〔近鉄奈良駅、JR奈良駅方面からお越しの場合〕
    近鉄「大和西大寺駅」、「ならファミリー」を目指して、県道104号線を西に進みます。
    信号のある「西大寺橋西詰」交差点を左折し、そのまま川沿いに100メートルほど直進した先の右手に「泉谷ビル」があります。
  2. 〔大阪方面からお越しの場合〕
    阪奈道路を東へ直進します。
    信号のある「尼ヶ辻橋西詰」交差点を左折し、そのまま川沿いに1キロメートルほど進み、高架をくぐったすぐ先の左手に「泉谷ビル」があります。
  3. 〔精華町、木津川市、京田辺市方面からお越しの場合〕
    近鉄「大和西大寺駅」、「ならファミリー」を目指して、県道52号線を南に進みます。
    信号のある「西大寺橋東詰」交差点を右折し、すぐに、信号のある「西大寺橋西詰」交差点を左折し、そのまま川沿いに100メートルほど直進した先の右手に「泉谷ビル」があります。
【駐車場(1台)ご利用方法】
要予約   0742-81-3323
1.あらかじめ、ご来所される日時において、駐車場のご利用の可否を、弊事務所までお問い合わせください。
既に他の方がご利用の際は、近隣のコインパーキング等をご利用くださいますよう、お願いいたします。
2.事務所の入っておりますビルの正面入り口前までお越しになられましたら、電話でご到着の旨、ご連絡ください。
正面入り口前
3.事務所の者が、駐車場のチェーンを下げるよう、リモコン操作をいたします。
正面入り口前
4.駐車場番号『4番』(左奥から2番目)にお停めください。
左奥から2番目です4番

※その他のスペースには駐車されませんよう、くれぐれもよろしくお願い申し上げます。


Copyright(c) NARAHA legal profession corporation. All Rights Reserved.
0742-81-3323メールLINE